2008年10月05日

メタボ血液数値「やせ」も注意

 メタボじゃなくても安心できない


メタボ=肥満というイメージがありますが、
実はメタボリックシンドロームとは、脂肪型肥満(腹囲にて計測)を必須項目として、脂質異常・高血糖・高血圧のうち2つ以上を合併した状態です。

お腹まわりの数値ばかりが注目され、肥満こそがメタボリックシンドロームの元凶といわれていますが、このたび、日本医療データセンターの大規模解析により、肥満度を示す体格指数(BMI)が「やせ」(18.5未満)でも、血糖値など血液検査のいずれかの数値がメタボ健診の基準値を超えている割合が4人に1人に上ることが判明しました。

なんと、こうした人は、心筋梗塞(こうそく)などの重大疾患を起こす危険性が正常な人の5倍に達したのです。



腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上ではなくて痩せている人でも血液検査の結果

脂質異常 [採血の必要あり]
以下のいずれか、、もしくは両方が該当する場合
・中性脂肪 150mg/dL以上
・HDLコレステロール 40mg/dL未満


高血圧
以下のいずれか、もしくは両方が該当する場合
・最高血圧 130mmHg以上
・最低血圧 85mmHg以上


高血糖  [採血の必要あり]
空腹時血糖値 110mg/dL以上


の場合は、早めの対策が必要です。




メタボ血液数値「やせ」も注意
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081005-00000009-mai-soci



メタボリックシンドローム予防&メタボリックシンドローム改善
posted by メタ坊主 at 20:25| Comment(0) | メタボ その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。