2008年11月16日

タイプ別メタボリック食事法

タイプ別メタボリック食事法

タイプ別メタボリック食事法



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

自分の“タイプに合ったもの”を食べていますか?「健康食」の内容は人それぞれ違います。体質タイプを判定し、健康で痩せられる食事法を紹介。

【目次】(「BOOK」データベースより)

あなたには栄養、他の人には毒になる食事/メタボリック食事法の誕生と発展/医学のパラダイムシフトになる食事法/必要な栄養にはタイプ別に個性がある/同じ検査数値でも対応はタイプ別に/メタボリック・タイプを診断しよう/タイプ別「最適な食べ方」総説/困ったときの「よくある質問」/微調整して食事を完璧にする/ダイエットに成功するための秘訣/病気の原因は食事だけではない/健康な食生活のためのヒント

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

ウォルコット,ウィリアム・L.(Wolcott,William L.)
メタボリック食事法の第一人者として広く知られ、このユニークな食事法を科学的に発展させている中心的な人物。健康の専門家たちに、その実務に関するコンサルティングを行うヘルスエクセルの創設者

ファーヘイ,トリッシュ(Fahey,Trish)
メタボリック食事法の利用者について熟知した専門家で、代替療法分野のサイエンス・ライターでもある

鈴木秀夫(スズキヒデオ)
1954年、千葉県出身。日本大学医学部卒業。北アフリカ・アルジェリアにて医療に従事後、鈴木医院開業。西洋医療を軸に漢方、鍼灸、サプリメントなどを取り入れ、患者さんの身体機能を把握しながら、効率的な治療と予防指導を行う「統合医療」を実践している。日本腫瘍学会理事

氏家京子(ウジイエキョウコ)
ジャーナリスト、翻訳家。日本人がん患者に対するゲルソン療法の教育活動にも精力的に取り組む。日本食生活ジャーナリスト協会、日本医学ジャーナリスト協会会員。ウェブサイト「ヘルスフリーダム」(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

タイプ別メタボリック食事法

メタボリックシンドローム予防&メタボリックシンドローム改善
posted by メタ坊主 at 14:41| メタボ 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。